※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

驚くべきキトサン粉末パワー! by lucyusanさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー
<!--キトサン キトサン効果情報局--> rel="home" href="http://lucyusan.d2.r-cms.jp/" title="" > http://lucyusan.d2.r-cms.jp/y_key_e5adadd7761fcdea.html <a href="http://technorati.jp/tag/%E3%82%AD%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%B3" rel="tag">キトサン</a>,<a href="http://technorati.jp/tag/%E5%8A%B9%E6%9E%9C" rel="tag">効果</a>,<a href="http://technorati.jp/tag/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E9%A3%9F%E5%93%81" rel="tag">健康食品</a>,<a href="http://technorati.jp/tag/%E8%85%B8%E5%86%85%E7%B4%B0%E8%8F%8C" rel="tag">腸内細菌</a>,<a href="http://technorati.jp/tag/DNA" rel="tag">DNA</a>,<a href="http://technorati.jp/tag/%20%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AE%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%8C%96" rel="tag"> 細胞の活性化</a>,<a href="http://technorati.jp/tag/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B8" rel="tag">マクロファージ</a> SEO対策 相互リンク /javascript"> track feed キトサン情報局 検索エンジン登録のド登録 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 健康ブログへ
larger default smaller

キトサン情報

キトサン健康情報

キトサン粉末で健康生活を応援します


癌・ウイルス・アレルギー・成人病・生活習慣病
代替医療の現場で大活躍のキトサン粉末
 

21世紀高齢化社会を健康で明るく前向きに生きるために

健康と美容の悩みを解決 驚くべき成果と飲用法 キトサンの驚異

キトサンの持つ力は素晴らしいものがある、その理由を探していくとキチン質からキトサンの精製度(脱アセチル化度)が高ければ高いほど成果がある、70%のものがマクロファージを一番活性化させる、65~85のものがよいといった論文に出会う、どうやらキトサンと一口にいっても、精製度によって成果・性能が異なるようである。
大量飲用の場合ビタミンCやカルシウムの吸収疎外を指摘する研究者もいる。
今迄語られなかった最新情報をキトサンの正体に迫る!
 

 

キトサン購入の判断基準を探す
私がキチン・キトサンに関心をもったころはいろいろな疑問をもちました。しかし、健康雑誌や書籍を読んでも、疑問に対する答えが見つかりません。

何とか解答がないものかと調べているうちに、キトサンにはキチン質からの精製率が50%70%、80%、90%といったものがあることが分かりました。

キトサンと一口にいっても精製率が違えば、成果という角度から見ると同一物ではないと理解しました。
カプセルの場合は、精製率のほかにキトサンの含有量をあらかじめ知らなければなりません。(含有量の見方参照) また、どのような栄養素と混ぜたものがよいのかという点も非常に大切なことです。しかしこの判断はメーカーや販売業者の意見とその製品の成功例を参考にするしかなく、一般の飲用者にとって判断することは非常に難しいこともわかりました。
さらに、最近になて「キトサンよりキチンオリゴ糖のほうが成果が高い」という声を耳にしました「キチンオリゴ糖とは一体何のだろう」と調べをすすめていくと、キチン質を低分子化したものだということが分かりました。
その効用については別途のべるとして、動物実験ではともかく、人間にどのように作用するのかは立証されてないこともわかりました。ただし、飲用体験例の中では成果が報告されているようです。

    精製率90%のキトサンの体験例を集める
こうしてキトサンの世界が分かってくればくるほどに、どのような角度から思案するに関心はキトサンの成功体験例にあることは間違いありませんから、精製率別に体験例を集めることができれば一番よいわけです。
たまたま私が最初に出会ったキトサンが90%の精製率であったことから、私の周りには90%精製率のキトサン愛飲者が数多くおり、メーカーや販売会社の協力を得て成功体験レポートを集めることが可能です。
動物実験とは異なり人に対する成果は、キトサンの精製率が高ければ高いほど成果があると即断することはできません。
また公開されているデータがあまりにも少なすぎる現状では、どこのメーカーのものがよさそうだと判断することも不可能です。
誤解のないようにお断りしておきますが、これ以外の精製率は成果がないなどとは絶対に申しあげていないことをご理解ください。
 

驚異的成果を発揮しているキチン・キトサン。後は科学的裏づけを待つのみ

健康維持に貢献するキトサ
キトサンの愛飲者が急増するにつれ、成果を体感する人が続出し「これはスゴイ!どうして今まで知られていなかったのだろう」「健康食品にはなんとなく胡散臭さを感じていたが、これは今までの健康食品とは違う」と驚嘆の声があちこちから聞こえてきます。
健康食品に胡散臭さを感じるのは、「健康食品とは何か」の概念がはっきりしていないこともあります。「現代用語の基礎知識」の健康食品の項目が詳しく説明しておあるので、引用させていただきます。
「健康食品とは何かとなるとその定義はないに等しい。政府部内でも”いわゆる健康食品とか”健康志向食品”など。各省庁によって呼び方まで混乱している。公式な見解によると、健康食品とは、”通常の食品より積極的に保健、健康増進などの目的をもち、少なくともそうした効果を期待されている食品”ということになる。
特定保健用食品とは、カルシウム飲料や食物繊維などのいわゆる機能性食品「食品中に含まれる①免疫(生態防御)機能を高める。②生態調節機能を高め、高血圧。ガンなどを防ぐ③体調リズムをコントロールし、神経系、消化機能を調節する④老化を抑制する、などの機能に着目して、人工的にバイオテクノロジーなどで加工し、そうした機能を十分に発揮できるようにしたもの」のうち、国の認定する特別の基準に合格した食品とされています。
健康食品と紛らわしい言葉に自然食品があります。 自然食品とは無農薬で栽培し。また加工時に添加物を加えたりしないで、そのものの持つ性質を生かした食品と説明しています。
キトサンを飲んでみたら、「難病といわれるガンがよい方向に向かいだした」「肝臓に転移した影が消えた」「病院に通っても治らなかった膝が、嘘のように痛みが消えた」「大学病院をはじめ、あらゆる医療機関を尋ねても解決しなかった娘の無気力症状が治った」といった、今までの常識では考えられないような数々のドラマが各地で演じられています。
もちろん、この中には必ずしもキトサンだけの成果と即断することに無理があるものがあります。自然治癒力の場合であったり、医療機関の適切な処置の効果であったかもしれません。

医学博士古賀一誠先生のC型肝炎新情報・・・
ただいま無料ダウンロード実施中
 

 

一口にキトサンといってもいろいろな種類がある

キトサンと名がつけば同じ製品か?
数多くのメーカーから健康食品としてキトサン関連商品が販売されています。このように素晴らしい成果を持つことが期待されているキトサンではありますが、キトサンと名称のあるものなら、何でも同じようなせ成果があるのかという疑問にぶつかります。つまり、どこの商品でも同じなのでしょうか。
キトサンの分子量

高分子キトサン
キトサンは分子量が何十万から百万以上の高分子多糖類で人間の持つ消化酵素では分解できないため、体内吸収率は3%以下と微量で、そのまま摂取してもほとんど吸収されません。しかし、高分子のキトサンは、優れた食物繊維としての性質があり、脂質排泄やコレステロール低下作用など健康とダイエットに効果が期待できる機能性食品です。
低分子キトサン
体内に吸収されやすいように小さく分解したキトサンを低分子キトサンと呼びます。吸収されたキトサンは体内を循環し有害物質の吸着や免疫力の向上など健康に役立つ機能性を発揮してくれます。
低分子キトサンと高分子キトサンの違い
分子量が1万以上のキトサンを高分子キトサン、1万以下のキトサンを低分子キトサンと呼びます。低分子と高分子のどちらが優れているかは見方により意見が違っているようです。高分子のほうが高い吸着能力があり、腸で重要な働きをしますが体内に吸収しにくい。低分子キトサンは体内に吸収されやすいが吸着能力は低下するといったようにそれぞれ長所と短所があります。摂取の目的や使用方法によってどちらを選択するか判断すると良いでしょう。

水溶性キトサン
本来、キトサンは高分子のため、水には溶けませんが分子量1万以下にすると水に溶けるようになります。そのため水溶性キトサンとも呼ばれています。
しかし、なかには高分子キトサンでも水に溶けるものがあります。これは、高分子のキトサンが種々の酸溶媒(酸性物質)に溶ける性質を利用し、高分子のキトサンと一緒に酸溶媒(酸性物質)を配合し水溶性キトサンと称しているケースです。正確にはこれらのキトサンは低分子キトサンとは言えません。キトサンが水溶性になったのではなく、酸溶媒(酸性物質)によって溶けているだけで、分子量にも変化はなく高分子のままですから吸収が良いわけではありません。水溶性という言葉を頻繁に耳にしますが、吸収できるタイプの低分子キトサンなのかを確認することが大切です。
※酸溶媒(酸性物質)としては、ビタミンC・酢・乳酸・クエン酸、他などがあります。
キトサンオリゴ糖
キトサンオリゴ糖は、キトサンの最小単位であるグルコサミンが2~10個程度結合したもので、分子量が数百から2千程度のキトサンのことです。低分子キトサン、水溶性キトサンと呼ばれることもあります。
抗菌性、整腸作用、免疫増強作用など多様な機能性が期待できるとして食品分野でも注目が集まっており、健康食品に利用されることも多くなっています。

水溶性キトサン 不溶性キトサンの違いは?

キトサンが注目をされた当時は、水に溶けない不溶性なものが多く販売されていました。

水に溶けないと体内吸収率も悪く、キチン・キトサンの生体機能性を充分に発揮することができません。

水溶性にすることで、腸から吸収されやすく、色々な作用を発揮することができるようになりました


ガン(癌)とキチン・キトサン  
by freeseo1 東北薬科大学の鈴木茂生教授の研究グループ
キチン・キトサン抽出物がガン細胞の転移抑制など強い抗ガン効果を持つことを確認したと発表しました。つまり、マウスの皮下にガン細胞を移植後、キチン・キトサン抽出物を静脈投与したところ、3週間後非投与群に比べ明らかに肺転移が阻止され、同時に脾臓のリンパ球T細胞が活性化する事も確認されています。その他、各種の固形ガンのテストでも、マウス体重1㎏当たり0.01mgという微量投与でも有効である事が判明しています。
鳥取大学の平野教授の研究グループ
ガンを発生させたマウスにキトサンを投与したところ、急激に腫瘍が縮小する事実を確認しました。




価格はどれが適正か



これもまた、なんともいえないのが現状です。

製造コストが高いから販売価格が高い、また逆に製造コストが低いから販売価格が低いといったように、

誰もが当然と考えるようになっていないのが現状です。

一般売られている商品もほぼ同様ですが・・・・・・・・

メーカーや販売会社の経営思想や、流通・宣伝経費の掛け方によっても違ってきます。

健康食品ショップに行って数社の製品を手にするか、健康雑誌や新聞の広告を

頼りに製品案内を入手し、キトサンの精製率や含有量、あるいは組み合わせである

栄養素を比較検討して、価格が妥当かどうか判断するしか方法がありません。

ただし、精製率や含有量に関してはあまり表示されていないので、問い合わせする

安全性及び一般特性について

変異原性試験: 突然変異誘起性  陰性

急性経口毒性試験:マウス、2000mg/kg体重で異常および死亡例なし

培養細胞コロニー形成阻害試験:直接的な細胞毒性はない

モルモット皮膚感作性試験(Maximization法): 皮膚感作性なし

ウサギ皮膚一次刺激性試験: P.I.I0.2,「弱い刺激物」

一般特性

溶解性:乳酸、酢酸、希塩酸などの酸には溶解します。水アルカリ溶液、エタノールなどの
      溶媒には溶けません。

粘性:低粘性
呈味性:固体では無味ですが、酸溶液ではエグ味があります
熱安定:一般調理範囲内では加熱による変化はありません(分解開始温度270度付近)
抗菌性:大腸菌や黄色ブドウ球菌、乳酸菌に対し抗菌性を示します


免疫システム

人間の免疫システムは、リンパ球やマクロファージといった「白血球」と呼ばれる細胞からなりったっています。
白血球は血管の中で循環し、常に不審な侵略者がいないか監視しています。人体に進入した病原体に会うと、白血球は血液中の仲間を呼び集め、一斉に病原体に攻撃をしかけます。

ゾウリムシからヒトまでもっている「自然免疫」
自然免疫は、自分の細胞を認識して、自分の細胞とちがう細胞を無差別に攻撃できるシステムです。
病原体などの侵略者に対して、いち早く対応するのがこの自然免疫です。

ガンやヒト免疫不全ウィルス(HIV)などの病原菌は、この自然免疫では対抗することができません。一度でも自然免疫の防御体制を突破されると、自分でその病原体を見つけることできなくなり、病原体はすごい勢いで増殖していくのです。
 

自然免疫が危機のときは、「獲得免疫」が機能する
自然免疫が病原体との戦いに敗れそうになると、獲得免疫が活躍するのです。
獲得免疫で最も活躍するのが、「抗体」と呼ばれるたんぱく質の分子です。病原体に感染すると、抗体が血液中にあらわれます

        「抗体」のすぐれた働き
 

・抗体はあらゆる侵略者を認識することができる。
・1度出会った侵略者に対して、特異的な攻撃をしかけることができる。
・1度出会った侵略者が次に進入してきたとき、ただちに攻撃を加えることができる。

しかし獲得免疫は、自己と非自己の区別をうまくつけることができません。そのため、時には自分の細胞を侵入者と間違えて、攻撃することもあります。
現在わかっている病気で、慢性関節リウマチやインスリン依存性糖尿病などが獲得免疫のエラーによって引き起こされます。
 

このような事態がおきないよう、自己細胞を攻撃する原因は選び出され、取り除かれます。また自己と非自己の認識ができる自然免疫からの攻撃合図がない場合は、獲得免疫が攻撃をすることはありません。

  名 称 役  割




系 T細胞 B細胞に抗体を生産させるために指令を出すヘルパーT細胞。
ウイルス進入時には、キラーT細胞として感染細胞として、感染細胞にとりついてその細胞を殺す働くがある。
B細胞 主にバクテリア(病原菌)が体内に侵入したとき、T細胞の指令をうけて、抗体をつくりだし病原菌と攻撃をしかける。
  NKT細胞 自然免疫系か獲得免疫系か分類されない中間の存在。T細胞受容体とNK細胞受容体の両方を持つ。ガン細胞の抑制や殺傷、アレルギー抑制などに深く関与していると考えられている。



疫系 マクロファージ 細菌などの異物が体内に侵入したとき、その異物を体内に取り込み、異物の情報を収集する。また食細胞として敵を食べて破壊する。
NK細胞 リンパ系の白血球で、T細胞とのB細胞とも異なる受容体をもっている。ガン細胞の監視や攻撃を行う細胞。

がん 免疫力を高めて予防し、進行を遅らせる

by bonanza ~ 2 月 11th, 2010

23年間、肺がんの治療にあたる(こんどうかずや 徳島大学医学部教授)より記事を抜粋して表記
抜粋本掲載(聖教新聞2008.2月10日)より
  
現在、1年間に約30万人がんで亡くなってます。3人に一人はがんでなくなっていることになります。
昨年4月に施行された「がん対策基本法」は、がん患者の意見が強く反映され、今まで不十分だったがん
患者の「心のケア(看護、介護)」にも、真剣に取り組むことをうたっています。
さて癌対策は、
①がんにならないようにする(1次予防)
②がんの早期発見・早期治療(2次予防)
③手遅れの場合でも、がんで苦しまない(3次予防)
以上3つあります。
イギリスリチャード・ドール博士(免疫学者)らは、すべてのがんの原因のうち、約35%は食事、約30%は
喫煙、約10%はウイルスや細菌などの慢性炎症に関連する。と考え
この3つに注意することで、がんの4分の3の原因は防ぐことができると述べています(一次予防)
がん細胞は1個誕生して指先大のがんに成長するのに、数年以上かかります。
その間に、がん細胞は悪性化していきます。
 
ですから、「がん検診」を受診することにより、がんの早期発見、早期治療を進め、がんで亡くなる人を
減らすことができます(2次予防)
しかし、がんは進行した状態で発見されることも多く、手遅れの場合でも、亡くなるとき苦しまないこと
(3次予防)が、大切になってきます。
私は呼吸器外科医として23年間、肺がんの患者さんの治療に当たってきました。2年前、徳島大学
「がん診療連携センター長」に就きました。がん全体の診察、チーム医療の重要性に気づき、現在がん専門
看護師など、がんの看護のスペシャリストを育成する体制を作っています。徳島大学病院・呼吸器外科の
の一員として、外来・手術も行っています。
さまざまな患者さんと接してきましたが、印象に残るお一人に、Aさんがおられます。
             術後2年、肺転移で再発したAさんに、さまざまな化学療法を行いました。
効果があった抗がん剤の投与も10ヶ月で効果がなくなり、次の抗がん剤の投与を行うという経過でした。
 
現在最初の手術から9年たっていますが、Aさんはがんと共存し、外来で治療を続けています。
治療に積極的で、明るく、楽観的な性格のAさん。毎年、クリスマスに我が家を何千個ものイルミネーション
で飾り、地域の人にとっても楽しいイベントになっています。

がん細胞を破壊!

by bonanza ~ 2 月 11th, 2010

最近、免疫細胞にがん細胞を破壊するいくつかの細胞があることがわかってきました。
特に、ナチュラルキラー細胞は文字通り”殺し屋”の意で、殺傷力が高く、常に体内をパトロールし、癌細胞や
ウイルス感染細胞を見つけると、直接殺してしまします。
健康な人の体内では、毎日数千個(フランク・バーネット説)ほどのがん細胞が生まれていますが、
ナチュラル・キラー細胞など免疫機構が正常に働いていればすぐ摘みとられ、即癌になることはない
と言われています。
さらに、神経系・内分泌系・免疫系の間にある神経伝達物質、ホルモンなどいろいろな物質の存在や働き
が解明され、これらが相互にバランスよく影響しあって、生体の正常な状態を保っていることが明らかに
なってきました。
例えば、ストレスは脳下垂体のホルモン(ACTH)の分泌を促進し、副腎からのコルチゾールの産出を促進
させるのです。
このコルチゾールは生体の免疫を低下させることがしられています。
慢性的ストレスによる倦怠感、身体的損傷は免疫不全をもたらしナチュラル・キラー細胞の活動は抑えられ、
がんなどの進行が加速されます。
カナダ生理学者のハンス・セリエは述べています
  ストレスには老化を早めるストレス、臓器を痛めるストレスなど、悪いストレスがある。それを「デイ(有害)ストレス
   」といい、他方に良いストレス「ユー(有益)ストレス」がある。
また、アメリカ心理学者マデロン・ビジンテイナーは、”精神的ストレスとがんとの関係”を動物実験で
調べました。
     ネズミを訓練し、電気刺激を与えたときにレバーを押せば電気刺激が切れるという学習をさせました。
A群….全然、電気刺激を与えないグループ
B群….電気刺激を加えたとき、レバーがなく電気刺激を切ることができないグループ
C群….電気刺激が起こると自分でレバーを押して電気刺激を切ることができるグループ
それぞれのネズミにがん細胞を作り、どのくらい生きるかをみました。
その結果C群最も長生きし、A群、B群と続きました。
ネズミの血液を採取しナチュラル・キラー細胞の活性を調べると、C群が最も高く、A群、B群とつづきました。
困難に懸命に対処するネヅミ(C群)はナチュラル・キラー細胞の活性が高く、寿命も長かったのたいして
絶望感に陥るネズミ(B群)は活性が最も低く、寿命も短かった、というのです。
「デイストレス」は免疫力を低下させ「ユーストレス」は免疫力を高め、癌の進行を遅らせる効果があることを
 

キトサンの効果には、その潜在能力の高さ!

by bonanza ~ 2 月 11th, 2010

キトサンの効果は、細かく言うと、カニやエビなどの甲殻類の甲羅などを
 原料とするキチンキトサンの効果と、マイタケやシメジなどの、食用キノコ類
 を原料とするキノコキトサンの効果の、二種類のキトサン効果があります。

 キチンキトサンとキノコキトサンの一番大きな違いは、キノコキトサンには、
 βグルカンと言う成分が含まれますが、キチンキトサンには、βグルカンは、含まれていないものの、免疫力を
 向上させる働きを持ちます。主なキチンキトサンの効果としては、免疫力を
 高めることで、糖尿病、高脂血症、高血圧、肝炎、腎臓病、アレルギー性
 疾患、不眠症、神経痛、リウマチ、腰痛、白内障、骨粗鬆症、四十肩、
 五十肩、更年期障害などに効果があると言われていますし、それ以外の
 代表的な効果としては、「解毒・排毒」、「細胞の活性化」、「抗菌・防カビ
 作用」、「腸内環境改善」、「抗がん作用」、「血管の弾力性維持)、「血圧
 調整作用」などがあります。

 そのため、体内に溜まっている不要な物質を排出する、デトックス(毒だし)
 効果や、血管が硬くなる事を防ぎ、動脈硬化を予防し、血圧が上がる原因
 である、塩化物イオンを吸収し対外に排出する為、高血圧を予防したりと
 言った生活習慣病予防に役立ちます。

 また、食後に摂取する事により、消化液の胆汁を排出させるため、
 コレステロール値も下がりますので、血管の弾力性維持作用と共に、
 動脈硬化の予防にも働きます。

 また、脂質などの吸収を抑えるので、ダイエット効果もあります。
 

 これに対して、キノコキトサンの効果としては、主に肥満解消やコレステ

がん(癌)とキトサン

by bonanza ~ 5 月 11th, 2009

キトサンは80年代後半から販売され始め、その後90年代前半にブームを経験後、低迷期が続きましたが、ダイエット食品として再度注目が集まり現在に至っています。
皆さんは、キトサンを服用するとどんな効果があると思われるでしょうか?おそらく「ダイエット」と答える人が多いのではないでしょうか。その答えは間違いとは言えないのですが、あくまでキトサンの一つの側面でしかありません。
注目すべき本来の機能性は、免疫活性や吸着機能といった生体防御機能、生理活性機能です。
以前は高分子のキトサンしか流通していなかったのですが、近年になり水溶性キトサンや低分子キトサンという種類のキトサンが流通し始め、分子レベルでのキトサンの働きが注目されています。今回は、がん代替療法としてのキトサンの働きなどを考察します。

 

代替療法(補完療法)とは

代替療法(補完療法)とは、現代の西洋医学以外の療法(健康回復・増進)の総称です。具体的には、健康食品、漢方、気功、針きゅう、カイロプラクティック、ハーブ、免疫療法、心理療法、催眠療法など様々な療法があります。
これらの代替療法(補完療法)は年々人々の生活に浸透し利用者も増加していますが、科学的根拠が乏しいという理由から、いまだに多くの医師や専門家は否定的な見解を示しています。そのため多くの利用者がいるにも関わらず、医師から適切なアドバイスを受けられないことが多く、患者は自分自身の判断に頼らざるを得ないのが現状です。

 

がんの代替療法(補完療法)
西洋医学において一般的ながん治療といえば「手術」「化学療法」「放射線療法」のいわゆる三大療法ですが、これらの治療には、免疫力の低下や副作用の影響などの問題もあり患者の不安も大きいのです。このような現状から、免疫を向上させるといった代替療法(補完療法)を利用するがん患者が増加しています。
平成14年、厚生労働省の研究班が全国のがん患者約3000人を対象にした調査では、40%以上のがん患者が代替療法(補完療法)を利用していることがわかったそうです。また、利用している代替療法(補完療法)の種類は、健康食品が約90%と圧倒的に多かったとのことです。

 

免疫強化の健康食品

がん患者が利用する代替療法(補完療法)として圧倒的に多いのが健康食品です。具体的な種類としてアガリクス、プロポリス、AHCC、キトサンなどが有名ですが、他にも様々な種類のものが利用されています。これら健康食品に共通しているキーワードが「免疫強化」です。真価の程は分りませんが、ほとんどの健康食品が自然治癒力や自己回復力を覚醒させ、免疫力を強化することを目的としているようです。

 

キトサンの現状

キトサンも他の健康食品と同様に免疫強化を目的とした代替療法(補完療法)のひとつとして注目されていますが、がん代替療法(がん補完療法)としての認知度は決して高いものではありません。圧倒的に利用数が多いのはアガリクスなのですが、アガリクスと比べて機能的に劣っているからという訳ではないしょう。アガリクスは免疫力を向上させ、がんに効果的である健康食品という一点に注目が集まり、いわゆるブームに火がついた状態であっという間に浸透していきました。
一方のキトサンはというと健康食品だけに利用される訳ではなく、工業、農業、環境、医療などの多岐に渡る分野で利用される機能性素材ですが、食品分野に絞って考察してみると、免疫力向上の他に、代謝促進、血糖上昇抑制 、コレステロール吸収抑制と調整、尿酸代謝調節、血液浄化・・・等々とその作用は非常に幅広く、他の健康食品素材とは明らかに違いがあります。
ただ、この幅広い作用が災いしてキトサンは何に効果があるのか焦点が合わず、ある時はダイエット食品として、またある時は成人病予防の食品として扱われるなど、消費者が選択しにくい状況になっています。結果として優れた素材でもあるにも関わらず、正当な評価を受けていないのが現状です。

キトサンの分子量    

by bonanza ~ 5 月 7th, 2009

高分子キトサン
キトサンは分子量が何十万から百万以上の高分子多糖類で人間の持つ消化酵素では分解できないため、体内吸収率は3%以下と微量で、そのまま摂取してもほとんど吸収されません。しかし、高分子のキトサンは、優れた食物繊維としての性質があり、脂質排泄やコレステロール低下作用など健康とダイエットに効果が期待できる機能性食品です。

低分子キトサン
体内に吸収されやすいように小さく分解したキトサンを低分子キトサンと呼びます。吸収されたキトサンは体内を循環し有害物質の吸着や免疫力の向上など健康に役立つ機能性を発揮してくれます。

低分子キトサンと高分子キトサンの違い
分子量が1万以上のキトサンを高分子キトサン、1万以下のキトサンを低分子キトサンと呼びます。低分子と高分子のどちらが優れているかは見方により意見が違っているようです。高分子のほうが高い吸着能力があり、腸で重要な働きをしますが体内に吸収しにくい。低分子キトサンは体内に吸収されやすいが吸着能力は低下するといったようにそれぞれ長所と短所があります。摂取の目的や使用方法によってどちらを選択するか判断すると良いでしょう。

水溶性キトサン
本来、キトサンは高分子のため、水には溶けませんが分子量1万以下にすると水に溶けるようになります。そのため水溶性キトサンとも呼ばれています。
しかし、なかには高分子キトサンでも水に溶けるものがあります。これは、高分子のキトサンが種々の酸溶媒(酸性物質)に溶ける性質を利用し、高分子のキトサンと一緒に酸溶媒(酸性物質)を配合し水溶性キトサンと称しているケースです。正確にはこれらのキトサンは低分子キトサンとは言えません。キトサンが水溶性になったのではなく、酸溶媒(酸性物質)によって溶けているだけで、分子量にも変化はなく高分子のままですから吸収が良いわけではありません。水溶性という言葉を頻繁に耳にしますが、吸収できるタイプの低分子キトサンなのかを確認することが大切です。
※酸溶媒(酸性物質)としては、ビタミンC・酢・乳酸・クエン酸、他などがあります。
 

水溶性のキトサンとそうでないキトサンの違い

by bonanza ~ 5 月 7th, 2009

水溶性のキトサンとそうでないキトサンの違い

window.google_render_ad();

キトサンにもいろいろな種類があります。応用分野によって水処理用キトサン、化学工業用キトサン、食品工業用キトサン、農業用キトサン、医療用キトサンなどに分けられ、キトサンの分子量(分子の大きさ)によって高分子キトサン、中分子キトサン、低分子キトサンと区別されています
 
さらに水に溶解できるかどうかの性質から不可溶性キトサン、可溶性キトサンの2種類があります。
このように、いろいろなキトサンにはそれぞれの個性があって、用途も千差万別です。
また、キトサン含有健康食品といっても、その中に含まれたキトサンによってキトサンの本来の力をどの程度出せるかが違ってくるのです。
とくにキトサンが水溶性であるかどうか、分子量の大きさと体内吸収率は、キトサン含有健康食品の質に関わる重要なポイントです。
健康食品として用いるには、まず水に溶けなければなりません。水に溶けるということは体内吸収率がよいということで、分子量が小さい(低分子)ということです。これはキトサンの効果を発揮させる重要な条件です。
この条件を満たしているのが「水溶性キトサン」ということです。わーい(嬉しい顔) キトサン販売ショップはこちら キトサン粉末入手ショップ

 

YahooブックマークこのエントリをLivedoor クリップに追加このエントリーをはてなブックマークするこのエントリーをdel.icio.usに追加するこのエントリをニフティクリップに追加Newsing It!Buzzurlにブックマークこの記事をPOOKMARKに登録するchoixこのエントリをSaafブックマークへ追加furlredditblinklistトピックイットこのエントリをFC2ブックマークへ追加イザ!ブックマークPingKingDiggTwit ThisDot This!

キトサンとキチンキトサンとはどう違うの

by bonanza ~ 5 月 7th, 2009

キトサンの原料はキチン
キトサンは、カニやエビの殻などに含まれているキチンから作られます。ですからキトサンを理解するためには、まずキチンについて知る必要があります。
 
キチンというのはカニ殻、エビ殻、昆虫(イナゴやバッタなど)の表皮や外殻、軟体動物(イカなど)の骨格た殻、菌類(キノコ、酵母など)の細胞壁など、自然界に広く分布している動物性食物繊維です。
 
食物繊維を一言で説明すれば、「動物や植物に含まれる食品成分で、人間の消化酵素では消化されないもの」といってよいと思います。
 
植物性の食物繊維は大豆やサツマイモ、ゴボウ、キノコなど、日本人が伝統的に摂取してきた食品に多く含まれていることは、ご存知の人も多いでしょう。
 
この食物繊維は、以前は不要なものと考えられてきました。「人間の体で消化されない」のですから、そう考えられたとしても無理はありません。
 
ところが最近になって排便を促進し、腸内を清掃し、さらに余分なコレステロールを吸収・排泄して動脈硬化を防ぐなどの効果が明らかになり、第6の栄養素とまでいわれるようになってきました。
 
日本人は伝統的に食物繊維を多く含んだ食事をとってきました。ところが、食生活の欧米化によって、食物繊維をとる機会が少なくなってしましました。成人病の増加をもたらしている大きな原因の1つは、食物繊維の摂取不足といわれています。
 
ところで、食物繊維といえば植物に含まれているセルロースが有名です。キチンもこのセルロースによく似た構造を持っています。
 
このつづきはまた次回 まで 次回は具体的にどのように作られるか説明してまいります
 
読者のみなさまこれからも一層よろしくお願いいたします。 キトサン販売ショップはこちら キトサン粉末入手ショップ

AddClips ブックマークに登録

YahooブックマークこのエントリをLivedoor クリップに追加このエントリーをはてなブックマークするこのエントリーをdel.icio.usに追加するこのエントリをニフティクリップに追加Newsing It!Buzzurlにブックマークこの記事をPOOKMARKに登録するchoixこのエントリをSaafブックマークへ追加furlredditblinklistトピックイットこのエントリをFC2ブックマークへ追加イザ!ブックマークPingKingDiggTwit ThisDot This!

キトサン粉末(低分子)

by bonanza ~ 5 月 7th, 2009

キトサン粉末(低分子)

window.google_render_ad();

kitosan3.jpg キトサン販売ショップはこちら キトサン粉末入手ショップ

 

YahooブックマークこのエントリをLivedoor クリップに追加このエントリーをはてなブックマークするこのエントリーをdel.icio.usに追加するこのエントリをニフティクリップに追加Newsing It!Buzzurlにブックマークこの記事をPOOKMARKに登録するchoixこのエントリをSaafブックマークへ追加furlredditblinklistトピックイットこのエントリをFC2ブックマークへ追加イザ!ブックマークPingKingDiggTwit ThisDot This!

オリゴ糖と一緒ににのむと成果が高まる
 

キトサンを飲用すると胃の中に入り、胃酸で溶け、ゲル状(液体〕になって小腸から大腸に移動しま
 す。

 その間に、りぞチームや腸内細菌からでるキトサナーゼという酵素によって分解され、キチンオリゴ
 糖やキトサンオリゴ糖になって腸内吸収されるといわれています。

 キトサンそのものに腸内ビフィズス菌の増殖作用がありますが。
 病気になる人は一般的にこのビフィズス菌の働きが弱いといわれています。
 そのため、キトサンの成果を高めるためには、ビフィズス菌の増殖を手伝ってあげる必要があります
 

  それではビフィズス菌そのものを飲用すればよいのではと思いますが、飲用したビフィズス菌は
 ほとんどが胃酸で死んでしますという説もあるので、成果を期待できません。

ですからオリゴ糖をのむのがよいのです。
オリゴ糖は、砂糖似に代わる甘味料と期待されています、砂糖が体内ですぐに吸収されるのに対し、
オリゴ糖は吸収されずに、大腸に到達し、ビフィズス菌の餌になってビフィズス菌を増殖させるので

腸内の善玉菌を増殖し、免疫力を高めるものとして注目を集めている物質です。
 

厚生省は科学的実験結果に基づいて、オリゴ糖は病気の予防や治療に効果があると認め、オリゴ糖入の
製品の一部を特定保険用食品に指定しています。

ですから、パッケージに、「腸内ビフィズス菌を適正に増やし、おなかの調子を良好に保つ飲料
と表示が許されているのです。

次回はオリゴとうについて種類も含めてお伝えしてまいります。
お楽しみに 

キトサン販売ショップはこちら キトサン粉末入手ショップ

YahooブックマークこのエントリをLivedoor クリップに追加このエントリーをはてなブックマークするこのエントリーをdel.icio.usに追加するこのエントリをニフティクリップに追加Newsing It!Buzzurlにブックマークこの記事をPOOKMARKに登録するchoixこのエントリをSaafブックマークへ追加furlredditblinklistトピックイットこのエントリをFC2ブックマークへ追加イザ!ブックマークPingKingDigg

キトサンの量によって出方が異なる

by bonanza ~ 5 月 7th, 2009

キトサンの量によって出方が異なる

window.google_render_ad();

医師の確かな臨床例がないので、残念ながら「このよな状態の人がこのようになる」
と断定して語ることは不可能です。また個人差があるので断定はできませんが
飲用するキトサンの量によっても出方が異なるようです。
 
 
最初から多くの量(一日2回、1回あたり1g=1000mg)を飲んだ場合と
少ない量     (一日1回、1回あたり0.5g=500mg)の場合との比較
では年齢、体力によっても異なりますが、後者のほうが出方が少ないようです キトサン販売ショップはこちら キトサン粉末入手ショップ

 

YahooブックマークこのエントリをLivedoor クリップに追加このエントリーをはてなブックマークするこのエントリーをdel.icio.usに追加するこのエントリをニフティクリップに追加Newsing It!Buzzurlにブックマークこの記事をPOOKMARKに登録するchoixこのエントリをSaafブックマークへ追加furlredditblinklistトピックイットこのエントリをFC2ブックマークへ追加イザ!ブックマークPingKingDiggTwit ThisDot This!

病気予防・不快な症状の改善・健康増進

by bonanza ~ 5 月 7th, 2009

病気予防・不快な症状の改善・健康増進

window.google_render_ad();

いくらキトサンがさまざまな病気に成果をあげるからといっても、「いざとなったらキトサンが

 

あるからいいさ」と不摂生をするのではなく、日頃から健康管理に心がけ、病気になる前に

防いでしまうのがベストです。 病気になって家族もろとも辛苦をなめることを思えば、まさに

「備えあれば憂いなし」です。

キトサンの愛飲者のなかには、「親戚に癌で亡くなった人が多い。自分も癌の家系だと思うから

今年から予防のためにキトサン飲んでおこう」という人が多くみられます。

また「年をとってくれば、どこかしら体に老化現象がでてくるのは、当たり前。でもできるだけ

人様に迷惑をかけずに元気に生活したいから、キトサンを飲もう」という人もいます。

かならずしも病気を治す目的だけでなく、将来病気に発展するかもしれない不快な症状の

 

解消、基礎体力の増進、病気予防にも是非キトサンを活用したいものです。モータースポーツモータースポーツキトサン販売ショップはこちら キトサン粉末入手ショップ

大腸ポリープ

by bonanza ~ 5 月 7th, 2009

大腸ポリープ

window.google_render_ad();

1cmあった大腸ポリープが4mmに
病院の検査で大腸ポリープが発見され1ヶ月後には手術すると決まっていたある日のこと、友人と酒の席で話題にすると、

 

「それならキトサンを飲んでごらん」と1ビンくれたのです、それから粉末のキトサンを朝晩2杯ずつ飲み始め

ました。

そして、1ヶ月後には予定通り手術をしたのですが、検査の時はには1cmあったポリープが、開いてみたら4mm

に減っていたというのです。

そのポリープは摘出してしまったのですが、「手術しなくても、キトサンでなくなってしまったかもしれないね」

などと家族と話しています。
目晴れ

これからも飲み続けていこうと思います。キトサン販売ショップはこちら キトサン粉末入手ショップ

YahooブックマークこのエントリをLivedoor クリップに追加このエントリーをはてなブックマークするこのエントリーをdel.icio.usに追加するこのエントリをニフティクリップに追加Newsing It!Buzzurlにブックマークこの記事をPOOKMARKに登録するchoixこのエントリをSaafブックマークへ追加furlredditblinklistトピックイットこのエントリをFC2ブックマークへ追加イザ!ブックマークPingKingDigg

代替医療で評価の高いキトサン

by bonanza ~ 5 月 2nd, 2009

現代の医療にたずさわる医師には三つのタイプがあります。一番目は、ご自分の理解できるかぎられた範囲の治療に固執する医師たち。

二番目は、科学という御旗を掲げて遺伝子治療や大仕掛けの機器など最先端技術と知識を駆使して完璧な治療ができるものと信じて疑わない医師たち。

三番目は、科学的根拠がたとえ完全に証明されていなくとも、治療によいと思われる素材を探しだし患者さんに積極的に提供する医師たちです。

 

これは一般の人々にも当てはまることです。

現状維持を好む人、最先端を好む人、このままではいけないと苦悩する人。

代替医療を行っている医師たちはこの三番目の人たちです。

キトサンは癌と戦う体の中で力強い「選手」として存在します。免疫力を高めたり、転移した癌細胞の生着を妨げたり、癌細胞を取り囲んだり、正常細胞を強くしたり、こんなにすばらし「選手」は他にいないでしょう。

 







       

         

サイト運営者情報

Valid HTML 4.01 Transitional


Valid CSS!

無料SEO対策のASY! | 無料SEO テンプレート | 簡単・決め打ちSEO対策 | 小さな商用サイトのSEOとSEM
 

Keyword List